駄菓子・駄菓子屋さんの魅力とは

  • 雑記
  • 街なかで見かけるとついつい寄ってしまいがちな駄菓子屋さん。

    なぜ人々は駄菓子に引き寄せられてしまうのか。

    目次
    1. 駄菓子は極めて美味しいわけではない
    2. 駄菓子は”味”で選んでいない
    3. 駄菓子はココロの元気の源
    4. 最後に
    5. おまけ
      1. “日本一の駄菓子屋”

    駄菓子は極めて美味しいわけではない

    駄菓子は決してまずくはない。

    しかしながら、極めて美味しいわけでもない。

    ではなぜ人々は駄菓子食べるのか。

    駄菓子は”味”で選んでいない

    皆さんは

    食べ物 = 味、見た目、風味で選ぶ。

    と考えているだろう。

    その考え方が決して間違えてはいない。

    しかし、駄菓子は 味 見た目 風味 全てにおいて大きく優れているわけではない。

    このことは理解いただけると思う。

    では駄菓子はどんな要素によって選ばれているのか

    駄菓子はココロの元気の源

    駄菓子は味わうものでも風味を感じるものではない。

    駄菓子は”ココロ”の元気の源である。

    あの田舎の祖父母宅のような安心感

    優しい店主のおばあちゃん

    日頃食べない少し不思議な味

    私達は自然とこういった要素から元気をもらっているのである。

    最後に

    今までご覧いただきありがとうございました。

    いわゆる”コロナ禍”によって駄菓子屋さんは現在窮地に立たされてしまっています。

    記事にもある通り我々は駄菓子屋さんから”ココロ”に元気を頂いていました。

    みなさんぜひこの機会に駄菓子屋さんに行ったり、駄菓子を食べてみてはいかがでしょうか。

    おまけ

    「地方にある駄菓子屋さんに行くのは遠くて難しい。」と言った方には

    夢や : https://yu-me-ya.co.jp/24215333032477322577.html

    おかしのデパート よしや : https://www.okashi.jp/shop/

    おかしのまちおか : https://www.machioka.co.jp/shop/index.html

    一丁目一番地 : (公式ホームページなし、ショッピングモールなどに出店している)

    静屋 : (公式ホームページなし、ショッピングモールなどに出店している)

    などと言ったいわゆる全国チェーン店でも十分”ココロ”を元気で満たせると思います。

    “日本一の駄菓子屋”

    岡山に日本一大きな駄菓子屋さんがあります。

    ほんとに大きいです。

    まじで。

    バカでかい。

    駄菓子屋のレベルちゃうもん

    まあ皆さん岡山に簡単に行ける人は行ってみてね

    日本一のだがし売場 : https://ohmachi-site.co.jp/

    Paaaaa4

    著者:Paaaaa4

    記事一覧

    テックブログのくせに雑記しか書かないやつです

    コメントを書く

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。