Vagrantで簡単に開発環境を作ろう ー その2 Ubuntuを動かそう!

  • 技術
  • そろそろ公立入試がある…(´・ω・`)

    追記(2022/02/16):入試終わりました。

    それなの記事を書いている、ドモ、sakanaデス

    えー、この記事はあの記事の続きです。つまりクソみたいな記事がまた続きます(´・ω・`)

    ちなみに:今回はタイトル通りUbuntuをVagrantで動かすだけです。

    目次
    1. Virtualboxのインストール
    2. Vagrantのインストール
    3. レシピの取得 
    4. UbuntuをVagrantで動かそう!
    5. 最後に
    6. ねーくーすーと

    Virtualboxのインストール

    Vagrantはあくまでもレシピから仮想マシンを立ち上げるものです。
    (いわゆる料理作ってくれるロボット的なもの)

    いざ料理を作ろう、材料を買ってレシピがあっても

    フライパンとかの調理器具がないと意味ないですよね?
    この調理器具がVirtualboxです。VagrantはVMwareのあれ(W○rkstati○n Player)でも動くレシピもあります。

    しかし、今回はVirtualboxを使うのでインストールしてください。

    やり方?調べれば腐るほど出てくるので自分で調べてください(´・ω・`)

    Vagrantのインストール

    調理器具もあるし、レシピもあるし、材料もある…じゃあ作りましょう

    ……面倒くさくないですか?

    そんなあなたに!(通販番組風)Vagrantさえあればこのレシピをもとに勝手に作ってくれます!

    ということでそのロボット(vagrant)をかっさらってきましょう

    1.Vagrantのホームページにアクセス

    2.左上の[Download]をクリック ↓こーゆーページになります(2022 02 09 現在)

    3.ホスト(動かす側)のOSの部分をクリック

    4.ダウンロード

    今回はWindowsにします

    5.インストーラーでインストール(このとき再起動を促されるので再起動しておきましょう)

    以上でインストール終了です(´・ω・`)

    レシピの取得 

    レシピのことをVagrantではVagrantfileという名前で表します(´・ω・`)

    このレシピ、誰かが作ってくれてアップロードしてくれてます。

    今回はVagrantCloudというサイトを使います(´・ω・`)

    UbuntuをVagrantで動かそう!

    Ubuntuを動かしてみましょう(´・ω・`)

    0.cmdを開く(PSでもOK)

    1.Vagrant Cloudで欲しいイメージをクリック。今回はubuntu公式のイメージを使います

    (公式:Ubuntu 20.04LTS https://app.vagrantup.com/ubuntu/boxes/focal64)

    2.Newをクリック

    3.以下のコマンドを実行([]の部分は自分で置き換えて…(´・ω・))

    # ←コメント
    # 適当なフォルダを作成 今回はtestというフォルダ 構文:mkdir [フォルダ名] 
    mkdir test
    # さっき作ったフォルダに移動  構文:cd [フォルダ名]
    cd test
    # 2.のときに表示されたinitとかあるやつ 今回はvagrant init ubuntu/focal64 という文  
    vagrant init ubuntu/focal64
    # 仮想マシンを起動
    vagrant up 
    # sshで接続
    vagrant ssh
    # 仮想マシンのシャットダウン
    vagrant halt

    …ここでsakanaの体力が尽きたので続きは次回(´・ω・`)

    最後に

    コマンドアレルギー…の人とかいるのでそういう人には向いてないかも…って思った方、安心してください!(海外の通販番組風)

    あ、あと記事の投稿遅くなりました(原因:高校受験)!すみませんでしたアァァァァァ

    多分次回でどうにかなります(´・ω・`)

    ねーくーすーと

    GUI or Fedora とか、用語解説とか…

    もしかしたらね…(´・ω・`)

    sakana

    著者:sakana

    記事一覧

    コメントを書く

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。