Vagrantで簡単に開発環境を作ろう ー その1 Vagrantとは?

  • 技術
  • はじめまして。sakanaです。

    まず最初にいっておきます。この記事は内容がスッッカスカです。紙より薄いと思います(´・ω・`)

    なので「そんな内容がスッッカスカなやつ見たくない」って人、今すぐ左上の「←」ボタン押して他のメンバーの記事でも見てください。

    なんなら有用性なんてあのゴキブリの記事以下ですよ(´・ω・`)

    目次
    1. What`s the Vagrant
    2. 何に使うの?
    3. まとめ
    4. 次回予告

    What`s the Vagrant

    Wikipediaの内容をそのままお借りすると

    FLOSSの仮想機械を構築するためのソフトウェアである。構成情報を記述した設定ファイル を元に、仮想環境の構築から設定までを自動的に行うことができる。

    …ワイには理解できませんできsた。まあ、簡単に説明すると、仮想マシンを管理するためのソフトです。

    はい、これだけなVirtualb◯xとかVMWare W◯rkstation Playerでも十分です。

    しかし、このVagrantはBoxというイメージと構成が書いてあるファイルさえあれば自動で環境構築してくれるツールです。

    どっちかって言うとD◯cker寄りです。あれ便利ですよね。

    (でもVagrateで仮想マシン動かすときは結局Virtualb◯xとか必要なんだよなぁ…)

    何に使うの?

    例えば

    ・気になるあのLinuxを試したい…でもインストールが面倒…

    ・ソフトを開発した!でも環境ガ違う…

    ・この怪しいソフト試してみたい…

    …残念ながらこれしか思いつきませんでした。

    まとめ

    VagrantはD◯ckerと比べると結構重いツールです。でも結構環境構築が楽になるツールです。使ってみてください。

    え、タイトル詐欺?環境構築してないだろカ◯?

    これシリーズになる予定だから…

    次回予告

    多分(このシリーズの)次回は…Vagrateのインストールとかするんじゃね(*´・ω・)?

    sakana

    著者:sakana

    記事一覧

    コメントを書く

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。