ライブ配信サーバーを自前で立てる

  • 技術
  • 以前ライブ配信システムについて調べていた時に、SRSなるものがあることを知りました。

    今回はこれを使用して自前でライブ配信サーバーを立ててみようと思います。

    目次
    1. SRSとはなんぞや
    2. 実際に立てる
    3. RTMPで配信してみる
    4. SRTで配信してみる
    5. 最後に

    SRSとはなんぞや

    https://github.com/ossrs/srs

    現在主流の映像伝送プロトコルはRTMP(Real-Time Messaging Protocol)ですが、その後釜としてSRT(Secure Reliable Protocol)があります。

    これに特化したサーバー…というわけではなく、RTMPやSRT、HLS(HTTP Live Streaming)などなんでもござれなライブ配信サーバーソフトウェアです。

    IssueやWikiなどを見るに中国の方が開発されているのだと思います。

    実際に立てる

    この記事ではVMWare Player上にCentOS 7の仮想環境を立ててやっていきます。

    まずはリポジトリをclone。

    $ git clone -b develop https://gitee.com/ossrs/srs.git

    そしてsrs/trunk内でビルド。

    $ cd srs/trunk
    $ ./configure
    $ make

    後はコンフィグを指定して起動。

    $ ./objs/srs -c conf/srs.conf

    これでSRSを起動することができました。

    そうしたら、ファイアウォールで以下のポートを開放します。

    • 8080/tcp(ウェブ管理画面)
    • 1935/tcp(RTMPを使用する場合)
    • 1985/tcp(HTTP API)
    • 10080/udp(SRTを使用する場合)

    http://IPアドレス:8080でブラウザからも確認できるようになりました。

    RTMPで配信してみる

    普段使用している配信用準備中の画面を配信してみます。

    まず設定に書いてあったアドレスに設定。(ストリームキーはlivestreamにセット)

    配信開始しウェブからプレビューしてみると、確かに表示できていますね。

    SRTで配信してみる

    SRTを使用できるようにするため、SRSを再度ビルドします。

    $ ./configure --srt=on && make

    次に使用するコンフィグをSRT用のものに変更します。

    $ ./objs/srs -c conf/srt.conf

    OBS側の設定は、ストリームキーを空にし、サーバーを以下のように設定します。

    これでいけるらしい…のですが残念ながら手元の環境では動きませんでした。

    原因が分かればまた試してみようと思います。

    最後に

    SRSを使って簡単に自前でライブ配信サーバーを用意することができました。

    これとPlyrなどを組み合わせて独自配信プラットフォームとかを作ると楽しそうですね。

    アバター

    著者:wamo

    記事一覧

    ウェブ開発とか翻訳とかやってる人。

    コメントを書く

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。